顔のたるみに効くサプリランキング@プラセンタ・コラーゲンなにが良い?

顔のたるみに効くサプリ!

お肌のたるみは、年齢だけのせいではありません。よくいわれるのが姿勢の悪さ、そして意外にも、肌の乾燥がお肌のたるみに関係しています。ハリのあるお肌にはコラーゲンやヒアルロン酸が豊富に存在しますが、乾燥肌はこれが失われています。ハリがなくなり、たるみへと繋がるのです。

 

顔のたるみの防止・改善は、お肌のハリをUPするのが近道。それには、ホルモンバランスを整え、活性酸素を除去するプラセンタがオススメです。同時にコラーゲンやヒアルロン酸を補うのが最適。当サイトでは、おすすめのサプリをランキングでご紹介します。

 

FUWARIの特徴

純プラセンタを豊富に補える高級美容サプリです。1日めやす3粒に、高純度プラセンタ360rを濃縮配合。豊富なビタミンやアミノ酸で土台となる肌を整え、アスタキサンチン・ビタミンEの抗酸化作用で酸化から保護。エラスチン・セラミドが肌ハリ&弾力をUPし、ヒアルロン酸が保湿力UP。30日間モニター調査でも、ハリや潤い、化粧ノリに違いを実感。毎月1,000名に微粒コラーゲン50,000rプレゼントもお得。

価格 980円
評価 評価5
備考 高純度プラセンタ360r配合

 

プラセンタファインの特徴

厳選したプラセンタでお肌のたるみを改善してくれるサプリです。馬プラセンタを1粒に185r配合し、土台となるお肌を整えます。サポート成分として、抗酸化作用のビタミンC、保湿力UPのヒアルロン酸、肌のハリや弾力UPのコラーゲン、ビタミンをプラス。独自の比率配合が、プラセンタの吸収性を高めています。1日めやす1粒。肌を乾燥から守り、ハリをUPしてくれます。約15日分、初回特別価格は2,980円(税込)。

価格 2,980円
評価 評価4
備考 馬プラセンタ185r配合

 

エイジングリペアの特徴

濃縮プラセンタがお肌のたるみ改善をサポートするサプリです。アミノ酸やビタミン、ミネラルが豊富な馬プラセンタを使用し、土台である肌のバランスを整えます。1日めやす1包(4粒)に、プラセンタ180r配合。デルマタン硫酸・ヒアルロン酸・コンドロイチンの3成分で保湿力をUP。コラーゲンを低分子化して、浸透力をUPさせています。45日間全額返金保証で始めやすい。

価格 4,400円
評価 評価3
備考 プラセンタ180r配合

 

肌のたるみは何が原因なの?

 

 

 

人間の顔というのは、深層筋と表情筋という筋肉が存在しています。表情を作り出すために顔を動かしているのが、肌の下に存在している表情筋になっています。

 

そして骨の上にある筋肉のことを深層筋というのですが、この深層筋が表情筋の土台としての役割を果たしています。また深層筋を伸縮させることによって血液を送り出すポンプの役割も担っています。表情筋を動かさないと他の筋肉と同じように弱くなっていくのですが、これでは表情筋の上にある脂肪などの重みに耐えられなくなります。

 

さらに深層筋も弱くなってしまうと、その上にある表情筋の重みに耐えられなくなるだけではなく、血液も十分に送れなくなるため、肌に必要な栄養素を供給しにくくなってしまいます。肌のたるみというと、肌の中のコラーゲンなどが不足してしまっていることが原因であることは知られているのですが、表情筋や深層筋が弱くなってしまっていることも顔のたるみの原因担っているのです。

 

姿勢が悪いことが原因

 

姿勢が悪くなってしまっていることも顔のたるみの原因になります。深層筋や表情筋というのは首と直結しています。ですので姿勢が悪かったり猫背になってしまっていると、首の位置が悪くなってしまいます。これによって頬の筋肉が下へと移動してしまい、頬の周りにある筋肉が下に下がることになり顔のたるみの原因になってしまうのです。

 

最近若い人でもほうれい線や肌のたるみに悩んでいる人が多くなってきていると言われているのですが、これも姿勢が悪くなってしまっていることが原因の一つとして考えられています。

 

このように顔のたるみの原因というのは幾つもあるのですが、人によってはいくつかの原因が重なってしまって肌がたるんでしまっているということもあります。すでに顔がたるんでしまっている場合でも、将来的に少しでもたるみが生じないようにしていくためにも次のような対策をしておきましょう。

 

  • 頭皮マッサージや顔のマッサージをしておく
  • 姿勢を正しくする
  • 顔の筋肉を動かして深層筋や表情筋が衰えないようにする
  • 規則正しい生活をする
  • 外出をするときは季節に関係なく紫外線対策をする

 

スマホがたるみの原因になる…?

 

 

 

仕事中はパソコンを使って、空いている時間や寝る前にスマートフォンをいじっているという生活を過ごしているという人も珍しくありません。このような生活をする人が多くなるのに比例して、顔のたるみを感じるようになったと答える人も多くなってきていると言われています。スマートフォンや携帯電話を使う時の姿勢のせいで、顔の弛みが生じてしまいやすくなるのです。

 

タブレットパソコンやスマートフォンを使う人が多くなったことで、新聞を見たり時間を確認したりする時にもスマートフォンなどで代用しているという人が多くなりました。このように利便性が優れている反面、スマートフォンに依存してしまっているという人が多くなってしまったのです。

 

しかしどうしてスマートフォンが顔のたるみの原因になってしまうのでしょうか?スマートフォンや携帯電話を見ている時の姿勢というのは、大体の人はほとんど意識をしていない状態になっているのではないでしょうか?

 

大体の人は、スマートフォンを見ている時は、背中より首の方が前に出てしまっている状態になっており、前に頭が出てしまっています。この姿勢のことを首猫背というのですが、このような姿勢になってスマートフォンなどを使っているという人がとても多いのです。首猫背の状態で長時間過ごしていると、首の後にある筋肉が収縮してしまい、後ろへと引っ張られてしまうことになります。そして顎が伸びてしまっている状態になってしまい、首の前の筋肉は伸びてしまっている状態になるのです。

 

これによって、前の筋肉は伸びてしまって首の後の筋肉は縮んでしまう状態になってしまうと、頬などの筋肉が下へと引っ張られてしまうことになります。これによってスマホたるみと言われる顔のたるみの状態を引き起こしやすくなってしまうのです。

 

乾燥肌もたるみの原因に

 

 

 

乾燥はお肌表面をカサカサさせてしまうだけではなく、内部にまで悪い影響を与えてしまいます。たるみもお肌の乾燥によって起きるトラブルのうちの一つ。なぜ乾燥するとたるみも起きるのでしょうか?一見するとあまり関係がないような「乾燥」と「たるみ」ですが、実はこの二つには深い関係があるのです。

 

乾燥によるたるみ

 

皮膚の表面を表皮と呼びます。それに対し皮膚の内側の深いところにある皮膚を真皮(しんぴ)と呼びます。表皮はいくつかの層に分かれているのですが、一番外側の層が「角質層」と呼ばれます。角質層では、皮膚の深いとこれ作られた新しい細部が上へと上ってくる際に押し上げてくる古い細胞が積もっています。

 

この角質層では古い細胞が垢となって剥がれ落とされたりします。角質層で特に重要な働きなのが、肌の潤いを作る天然保湿因子(NMF)です。肌が自ら潤いを作り肌バリアを張ることで、体の水分が逃げ出さないようにしています。しかし外部からの刺激等などによってこの天然保湿因子の働きが損なわれ、お肌が乾燥してしまうのが「乾燥肌」と呼ばれるものです。

 

乾燥肌はお肌表面がガサガサになりますし、キメが崩れてしまいますよね。毛穴が開きます。乾燥していると肌は自らでお肌を潤いを作り出そうとして皮脂を大量に分泌してしまいます。これによって皮脂が毛穴がつまりやすくなり、ニキビ、吹き出物が出来てしまうようになるのです。

 

たるみに関しては、真皮が水分不足になることが深く関わっています。真皮はお肌のハリを保つための成分コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が存在している場所なのですが、外部からの刺激などによって、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が壊されてしまうと、ハリが失われてたるみになってしまうのと同時に、これらの成分が作り出していた水分も減少して乾燥肌になります。

 

乾燥肌をケア

 

肌表面の皮脂が多いからと言って内部もそうだとは限りません。肌は乾燥していると、自らが皮脂を作り出してお肌を守ろうとします。しかし潤っているように見えるのは表面だけで、実は中は乾燥していて、それを知らずにさっぱり系の化粧水のみでケアを終えてしまうとお肌のピンチを助けてあげられないのです。

 

少し前までは乾燥していたけれど、今日はいつもよりお肌が脂っぽいなあ。そう思ったらお肌の乾燥サインかもしれないということを忘れないようにしてください。乾燥肌をケアしてあげることで、それによって引き起こされるたるみも防止できるので、ぜひ適切なケアをしてあげましょう。

 

皆さんはクレンジングや洗顔、さらには顔を拭く時に力を入れ過ぎていませんか?汚れを落としたい気持ちからか、お肌をゴシゴシと擦って洗ってしまう人が多いですね。これでは摩擦でお肌にダメージを与えてしまっています。クレンジングはオイルを滑らせるように、優しくクルクルと円を描くようになじませます。洗顔料はしっかりと泡立てて、手ではなくて泡で顔を包むようにして洗います。タオルで水気を拭くときもそうです。ゴシゴシと拭かなくても、タオルで肌をポンポンと抑えるようにするだけで十分に水気を取ることができます。

 

お肌のざらつきが気になる時はピーリングジェルを使用するのもいいでしょう。人によりますが、週に1回程度の使用頻度を守りましょう。それ以上の使用頻度ですと、逆に肌の角質を取りすぎて乾燥を招くことになります。敏感肌や初めて使うという場合はもう少し頻度を減らして使用した方がいいでしょう。角質や剥がれ残っている垢を落とし、肌を柔らかくすることで洗顔後の基礎化粧品の浸透を促します

 

洗顔が終わったらなるべく早く化粧水を塗りましょう。さらにスキンケアコスメを使う時に守ると化粧品の効果を最大限に生かせる順番があります。化粧水→美容液→乳液→クリームの順番です。役に立つので覚えておきましょう!

 

顔のたるみ解消の基本は側頭筋と口輪筋を鍛えることから

 

 

 

年を重ねると顔にたるみが起きてきます。しかし実年齢よりも若く見える人もいます。これには顔のたるみが大きく関わってきています。日頃から気を付けていることでたるみを予防できることもあるのです。では日頃どのように気を付けたらよいのでしょうか。

 

顔がたるむ原因はいろいろ考えられますが、近年では携帯やスマートフォンを使用することで下を向くことが多く、筋肉が衰えてしまったり食事の変化で噛むことが非常に少なくなることが原因として挙げられることが多くあります。

 

顔の筋肉は皮膚や脂肪を支える重要な役割を果たしています。この筋肉を鍛えないでいると当然衰えてくるわけです。そしてたるみが引き起こされてくるわけです。顔の筋肉は繊細であると同時に鍛えると効果が出やすい筋肉です。たるみを取るのには、側頭筋と口輪筋を鍛えることです。

 

側頭筋は耳の上からこめかみあたりにある筋肉をいい、奥歯をかみしめた時に盛り上がる所です。側頭筋の筋トレは奥歯をかみしめ5秒ほどキープし緩めることです。これを3セット行います。これを行った後はマッサージを行い筋肉の緊張をほぐしてあげましょう。やりすぎはえらが張りすぎたり、片頭痛の原因となってしまいます。

 

次に口輪筋ですが、口をできる限り膨らませ5秒キープします。これを5セット行います。毎日の積み重ねがたるみの予防や改善につながります。すぐに効果が出ないといってあきらめず続けてみましょう。

 

顔のたるみに効くハンドマッサージ

 

 

 

自宅だけではなく、外出をしている時でも顔のたるみ対策をすることができるマッサージ方法もあります。外に出掛けている時に何気なく自分の顔を確認してみたら、顔のたるみがちょっと目立ってしまっていたりするということもあるかもしれません。このような時にメイクが崩れたり落ちたりすることなくマッサージをして対策をしていくことも可能になっています。

 

ほうれい線を改善するツボ押しマッサージ

 

ほうれい線がコンプレックスになってしまっている人は多いと思いますが、ほうれい線に対して良い働きをもたらしてくれると言われているツボを押さえることで、ほうれい線を改善を目立たなくしていくことも可能です。ツボを刺激することでリンパがスムーズに流れるようになります。なおツボを刺激する時には、ずっと押さえるのではなく一定のリズムで緩急つけるようにしましょう。

 

ツボを押さえる時の注意点

 

ツボ押しを自分で行う時、注意をしておかなくてはならない点がいくつかあります。

 

やりすぎないようにしよう

マッサージというのは適度な時間というものがあるものです。長い時間マッサージをすれば、それだけ高い効果を得られるようになるはずだと思っている人もいるかもしれません。ですがあまり長時間マッサージをしてしまうと逆効果になってしまうのです。マッサージやツボ押しをしすぎてしまうと、細胞が疲れてしまったりコラーゲンが壊れてしまって、反対にたるみがひどくなってしまうということもあるのです。

 

必ずリンパの流れに沿うこと

マッサージをする際には、リンパに沿うようにして顔の脂肪が老廃物を流していきます。この流れと反対方向にマッサージをしてしまうと、余計に老廃物などが顔に溜まってしまって、たるみやむくみがひどくなってしまう可能性が高くなってしまいます。

 

力を入れ過ぎないこと

顔の皮膚というのは全体的に薄くなってしまっています。ですので力を入れてこすってしまったり押してしまうと、かなり刺激が強くなってしまいますので、優しくマッサージをするように意識をしておくことが大切です。

 

マッサージをするときには乳液を使わないこと

マッサージをする時、摩擦が生じてしまっていると炎症になってしまったりたるみを引き起こしやすくなってしまいます。マッサージをする際に乳液を使っているという人もいるのですが、乳液は乾燥してしまいやすいですので、マッサージ中になくなってしまう可能性が高いです。ですのでマッサージをする時には、乳液ではなくゲルや保湿クリームをしっかり塗ってからマッサージをするようにしてください。

 

顔のたるみ解消に効果的な食べ物

 

 

 

きゅうり

 

きゅうりはウリ科の一つになっているのですが、このウリ科というのはアミノ酸の一つであるシトルリンが豊富に含まれています。そしてシトルリンというのは、代謝を高めてくれる働きが期待できるようになっており、血行促進や抗酸化作用などの働きもあると言われています。ですので、新陳代謝を高めて体のむくみを改善させやすくすることができるのです。

 

玉ねぎ

 

玉ねぎというのは、ポリフェノールの仲間であるケルセチンと言われる成分がたくさん含まれています。このケルセチンというのは、ビタミンCを体内で吸収しやすくしてくれる働きを持っていたり、血行を良好にしてくれる働きがあるとされています。これによってしっかり細胞に栄養素と酸素を送ることが出来るようになります。さらに抗酸化作用もありますので、肌の老化を防ぎ、肌のたるみの改善を期待することができるようになります。

 

コラーゲンと舞茸やきのこをしっかり食べよう

 

舞茸や麦などに含まれているβグルカンといわれる食物繊維をしっかり摂取することで、腸内環境を整えられるようになるとされています。これによってヒアルロン酸やコラーゲンをより吸収しやすくすることができるようになります。

 

さらにβグルカンというのは、免疫力を向上させてくれる働きを持っているだけではなく、質の良い睡眠を取りやすくすることができますので、新陳代謝も活発になり肌を若くしやすくすることができるとされているのです。

 

顔のたるみを治すために小顔整形はあり?

 

 

 

どのように顔がたるんでしまっているのかというのは、2つの種類に分けることができます。まず急激に痩せてしまったことによるたるみと表情筋をあまり動かすことがないことで引き起こされてしまうたるみです。

 

顔の表情筋と言われる筋肉が衰えてしまったためにたるみになってしまっているのであれば、顔面体操などをして表情筋を鍛えることで解消させることも可能になります。表情筋の衰えの場合も小顔整形で小顔にしていくことも可能です。次のような整形方法で解消していくことができます。

 

たるんでいる部分を膨らませる方法

 

注射をたるんでしまっている部位にして、たるみの内部を膨らませて小顔にしていく方法です。

 

リフトアップ

 

細くて目立ちにくいワイヤーを筋肉と肌の間に入れて、たるんでいる部分をリフトアップするという方法です。表情筋などがたるんでしまうことによって顔が大きくなっている場合、このような整形方法があるのですが、どちらの方法も体にあまり負担をかけない方法になっています。

 

次に肌がたるんでしまっている場合についてですが、短期間で急激に体重が減った場合、脂肪によって張っていた皮膚がたるんでしまうことになります。このような場合、たるんでしまっている肌を除去する方法がメジャーになっています。

 

これまで太っていた人が一気に体重を減らした場合、それまで脂肪によってパンパンになってしまっていたのですが、急に痩せると肌が伸縮されなくなってしまいたるんでしまうのです。例えば膨らませた風船の空気を抜くと、しわしわになってしまいますが、肌でもこれと同じ現象が発生するのです。このたるんでしまっている部分を除去することで、顔のたるみを解消し小顔にしていくことが可能になるのです。

更新履歴