頬のたるみの対策

頬のたるみの対策

 

 

たるんでしまった頬を改善していこうと考えるのであれば、まず肌に水分を与えて保湿ケアをするようにしましょう。肌が乾いてしまっていると、ターンオーバーが正常に行われなくなってしまってハリがなくなってしまいます。これによって肌がたるんでしまうのです。

 

女性のうち80%の人が普段から肌が乾いてしまっていると感じているとされています。ですのでしっかり保湿ケアをするようにしましょう。ちゃんと保湿ケアをしていれば、それだけハリのある肌を維持しやすくすることができるようになります。

 

頬のたるみというのは保湿をすることで改善していくことが可能だということは冒頭でも紹介しましたが、保湿というのはいろいろな効果をもたらしてくれます。保湿をすることで、新陳代謝やターンオーバーが正常になりやすくなりますし、保湿力も高まります。そして保護機能も正常に機能しやすくなるといった色々なメリットがあるのです。

 

まず乾燥してしまっていると、新陳代謝やターンオーバーが正常に行われなくなってしまいます。このようになってしまうと、肌内部のエラスチンやコラーゲンが合成されにくくなってしまって、頬にたるみが生じやすくなってしまいます。十分に肌を保湿していれば、肌の血行も促進されるようになります。これによって新陳代謝も活発に行われるようになり、肌の再生もスムーズに行われやすくなるのです。もうまぶたや頬などがたるんでしまっているのであれば、少しでも早くターンオーバーを正常にするようにして、エラスチンやコラーゲンを合成しやすい環境にしていきましょう。

 

次に保湿力を高めることによって、肌を外部からの刺激から守りやすくすることができるようになります。また肌内側の水分を蒸発しにくくすることができるというメリットも得られるようになります。反対に保湿力が下がってしまっていると、水分が蒸発してしまって乾燥しやすくなってしまったり、肌質が敏感肌になってしまうということもあります。そうなると肌のケアをするのも難しくなってしまいますので、早めに対策をしておくべきなのです。

 

次に肌というのは元々バリア機能が備わっています。バリア機能があることによって肌の外側からの刺激から肌を守ることができているのです。しっかり肌に水分があればバリア機能も正常に機能するのですが、反対に乾燥してしまっているとバリア機能も弱くなってしまいます。このバリア機能が低下してしまっていても、強い刺激を受けるようになってしまい敏感肌になってしまいます。これによって炎症などのようなトラブルが生じやすくなってしまいますし、肌の衰えも早まってしまうのです。