頬下のたるみをチェックする方法

頬下のたるみをチェックする方法

 

 

もしも頬下がたるんでしまったのであれば、すぐにでも改善できるように対策をしておいた方が良いでしょう。頬下がたるんでしまってから改善させようとしても、至難の業になってしまうのです。

 

鏡を見るたびに頬下がたるんでいないか確認をしているという人もいると思いますが、逆に毎日見ていると変化を見落としてしまいがちになります。ですので毎日チェックをするのではなく、定期的にチェックするようにした方がたるみなどのような肌トラブルに気付きやすくなるかもしれません。

 

頬下のたるみというのは特に目立ってしまいやすいものです。他の人に見られてしまうということもありますから、気づかれないうちにたるみに気づくようにして、少しでも早く改善したいものです。

 

しかしこの頬下のたるみに少しでも早く気づくためにはチェックするべきなのでしょうか?次のような方法で頬下がたるんでいないかを確認するようにしましょう。

 

はじめに手鏡を準備して片方の手で持ちましょう。そして顔が鏡に収まるくらいの位置に鏡を持ち、下向きになって自分の下向きの顔を視認します。下を向いている時と正面を向いている時の顔に違いはありましたか?

 

下を向いていても正面を向いている時と頬下の状態が変わらないのであれば、頬下にハリがある状態だと言えます。しかし反対に下を向いている時、正面から見た顔より歳をとっているように見えてしまうのであれば、頬下がたるんでいると考えることができます。